ハードディスクの修理業者比較サイト

自己流は破滅への一歩!ハードディスクの修理業者の選び方を教えます

HOME » ハードディスクの修理業者を調査 » デジタルデータリカバリー

デジタルデータリカバリー

デジタルデータリカバリーは、平成11年に設立された新進気鋭のデータ復旧企業だ。ハードディスクやRAID、サーバと言った規模が大きめな機器に力を注ぎ、世界の最先端技術を誇っている。
世界のトップ技術者を招いて講習会を開くこともあるため、スタッフは全員筋金入りの腕の持ち主。そのため、診断は遅くても1日で終わり、その後の復旧作業も非常にスムーズである。

>>6つの無料サービスの詳細はこちら<<

技術力、連帯力、そしてスピードに注目

デジタルデータリカバリー HPそして特筆すべきは、専門分野ごとにチーム分けされている点だ。ひとつの病院でも外科や内科、整形外科などと分かれているように、物理復旧チーム、RAIDサーバーチーム、Windows、Mac復旧チームと特化されているので、安心して見てもらえる。
これだけの技術力とスピードを持っていながら、復旧作業代は非常に親切。「6つの無料」サービスを設けており、初期診断料や機器の取り出し料、データ復旧に必要な部品代料などがタダとなっている。
費用は、データが復旧できたときに初めて発生するが、価格は復旧データの総容量、難易度、工程数をもとに出される。目安の金額が公表されており、20GB以上で7,500円~、100GB以上で35,00円~、1.0TB以上で150,000円~となっている。

業界No.1の実績数と錚々たる取引先

技術力の確かさは、実績でも伺い知ることが出来る。2006年~2009年の復旧件数は業界第1位、取引先も内閣府、防衛省などの中央省庁の60%や、三菱商事、ヤマト運輸といった大企業、そして東京大学、京都大学など国立大学の60%など錚々たる顔ぶれが並んでいる。
どの団体も技術力やスピードを賞賛するが、中でも目立つのがアドバイザーの対応の丁寧さや的確さだ。
デジタルデータリカバリーはアドバイザーがいるサポートセンターと診断チーム、そしてデータを復旧する復旧チームの3つに大分されているが、それらのチームの連携が非常にしっかりしているので、問い合わせへの対応が完璧なのだ。
アドバイザーの説明も、簡単な言葉に噛み砕いたものなので素人でも分かりやすい。「復旧作業」という、私たちにとっては未知の世界の話が手にとるように分かるため、心から信頼してお任せできた。

セキュリティも万全

企業にとっては命綱とも言える大切なデータを扱うだけに、セキュリティ対策も万全に敷かれている。
第三者機関によるチェックをパスして取得する「プライバシーマーク」はもちろん、国際的なセキュリティ規格「ISO27001」も所有、それらに基づいた厳戒態勢を敷いている。
例えば建物そのものが3重ロックだったり、出口には金属探知機ゲートが設けられていたり…。その他、想像を超えたセキュリティ対策をとっているので、私たちとしても非常に安心してデータ復旧作業をお願いできるのである。

 
HOME » ハードディスクの修理業者を調査 » デジタルデータリカバリー