ハードディスクの修理業者比較サイト

自己流は破滅への一歩!ハードディスクの修理業者の選び方を教えます

HOME » ハードディスク基礎知識 » バックアップの必要性

バックアップの必要性

誰でも一度は、大切なデータをうっかり消してしまったり、誤って上書きしてしまった経験があるのではないでしょうか?

そうしたデータを元に戻す方法もあるにはありますが、そのためにはお金も時間もかかります。お金も時間もかけずに、大切なデータを守る最も簡単な方法は、定期的にバックアップを取ることです。

バックアップの重要性

ハードディスクのバックアップを取るといっても、同じストレージ内でファイルコピーするだけでは十分とは言えません。

削除や上書きによるデータ消失のリスクは抑えることができますが、ストレージそのものが壊れてしまった場合、バックアップもろともデータが消えてしまうからです。

ハードウェアやソフトウェアの障害、また最近ではコンピュータウィルスによってデータが消えてしまうケースも増えています。バックアップを取る際には、時間と場所、すなわち定期的かつ別のストレージに行うことが重要になってきます。

取得しておきたいファイル

Windwosを例にすると、次のようなファイルをバックアップしておくと良いでしょう。

  • マイドキュメント
  • マイピクチャ
  • マイミュージック
  • メールソフトのデータ(アドレス帳も含む)
  • ブックマーク
  • ソフトウェア

もちろん、データをマイドキュメントなど以外のドライブに保存している場合は、該当のフォルダごとバックアップしましょう。

イメージバックアップとは

バックアップを取る方法にはいろいろなものがあります。その中で、ここでは「イメージバックアップ」という方法を紹介したいと思います。

イメージバックアップとは、ハードディスクやCドライブを丸々、ひとつのイメージファイルとして保存する方法です。

あくまでもファイルとして保存するため、たとえばCDを始めとした各種メディアやネットワークドライブにバックアップすることもできますし、また他データとの共存も可能です。ここが、ハードディスクなどの内容をそのまま保存する「コピー」と、イメージバックアップとの大きな違いです。

定期的に実行することが鍵

「バックアップの重要性はわかるけど、実行することを忘れてしまう」なんて人もいると思います。

ストレージ内のデータは毎日更新されるものもありますので、例えば1週間に1回全体バックアップ1日ごとに差分データを取得するなどの処理を施しましょう。

ここでは割愛しますが、ハードディスクのバックアップをするツールはたくさん出回っています。いろいろ試して使いやすいものを選ぶようにしてください。

 
HOME » ハードディスク基礎知識 » バックアップの必要性