ハードディスクの修理業者比較サイト

自己流は破滅への一歩!ハードディスクの修理業者の選び方を教えます

HOME » ハードディスク基礎知識 » 故障の原因を知っておこう

故障の原因を知っておこう

「パソコンが途中で固まってしまった」
「スイッチを押したのに起動しない」
これらのトラブルは、HDDの故障が原因かもしれません。
HDDとは、パソコンの内部にある、データやプログラムを保存するための場所で、起動中には、CDのような円盤が高速回転しています。

HDDの故障には、HDD内に保存されたデータの故障と、HDDそのものの故障の2種類があります。

ハードディスクのデータ故障とは

データの故障であれば、壊れてしまったデータを復元してあげれば良いのですが、素人には、そもそもどこが壊れているのか特定することすら難しい。
それが重要なデータであるならば、迷わず、データ復旧の専門業者に依頼することをおすすめします。

ハードディスクそのものの故障とは

一方、HDDそのものの故障は、完全にプロの範疇ですので、こちらの場合には、すぐに専門業者に持ち込みましょう。
ただし、できることならば、専門業者に頼るような事態に陥ることなく、パソコンを「健康」な状態で使い続けたいものです。

HDDは精密機械ですから、そもそもが頑丈な構造にはなっていません。
そのため、さまざまなダメージから守るべく、完全に密閉された形で、パソコンの中に収められています。
そんな繊細な構造のHDDの天敵は、衝撃です。

最近では、移動しながら使用するノートパソコンを想定して、HDDの耐衝撃性はだいぶ向上していますが、それでも衝撃(揺れ)によって、高速回転している円盤に傷がついてしまうことがありますので、取り扱いには注意が必要です。

その他にも、HDDはほこりや熱にも弱くなっています。
時を経るごとに、パソコンが快適に動かなくなる原因は、さまざまな部品等の劣化もありますが、実はほこりや熱がたまっているためであることが少なくありません。
定期的なメンテナンスを心がけるとともに、パソコン使用中にタバコを吸う(=タバコの煙もほこりです)、あるいはファンの部分を塞ぐといったことは、絶対に避けましょう。

 
HOME » ハードディスク基礎知識 » 故障の原因を知っておこう