ハードディスクの修理業者比較サイト

自己流は破滅への一歩!ハードディスクの修理業者の選び方を教えます

HOME » データ復旧業者選びのポイント » スピーディーに対応してくれる

スピーディーに対応してくれる

パソコンやHDDの調子が悪くなった場合、とにかく早く手を打つことが重要だ。社内でどうにかしようと案を講じている間にも、大切なデータは消滅していっているかもしれない。自己流の荒治療など施せば、データの破壊を促進させるかもしれない。
自分たちの力を過信せず、まずはとにかく業者に連絡をして、喫緊の診断を申し出るのが得策と言える。
しかし、どんなに私たちが迅速に動いても、肝心の業者が「亀の反応」だったりすることもあるので注意。ここでは担当者泣かせの「ノロマな業者」像について話したい。

「診断に一ヶ月」はあり得ない

私がお願いしているデータ復旧業者は、「遅くても一日で診断、そして即・復旧作業」という図式が当たり前のように成立している。
ところが、業者の中には、わざわざ海外に調査を依頼しているところがある。この場合、診断だけで優に一ヶ月かかることもあるというのだから驚きだ。
社内のシステムが麻痺したまま一ヶ月以上を過ごすことなど、考えられるだろうか?

そういった社内システムの問題で作業が遅い業者があれば、単純に技術力が不足しているため対応がイマイチな業者もある。
技術が不足している業者は、はじめの相談時からこちらの疑問に即答できないなど反応が鈍い。あまりに頼りないようだったら、その業者は断る方がよいだろう。
業者を選ぶ際、「どのくらいの時間で診断・修復が可能か」という質問をすれば、おのずと業者の姿が見えてくるので、忘れずに確認したい。

アドバイザーの対応と、HDD部品の在庫の品揃えもチェック

見事に一日で診断をしてくれた業者、しかし、業者が説明するその診断結果の内容がよく分からない…なんていう事態に陥ったことはないだろうか?
これは、担当する人間が技術者の場合によくあることで、専門用語を羅列してまくし立てるように説明をするものだから、聞いているこちら側はよく分からない。
意思の疎通に時間をかけている間にも、データは消えていっているのかもしれないのだから、ここで時間をとるのは馬鹿げている。

中には、分かりやすい言葉で平易に説明してくれる「アドバイザーのプロ」を配置している業者もあるので、その点も業者選びのポイントにしたいところだ。
また、せっかく診断がスピーディーにできても、修復するための部品が手元にない!…ということもある。
「取り寄せに○日」などという言葉は、現場を苛立たせるだけだから、業者が持っているパーツの品揃えについても確認しておこう。

 

>>スピード対応業者比較ランキング<<

 
 
HOME » データ復旧業者選びのポイント » スピーディーに対応してくれる