ハードディスクの修理業者比較サイト

自己流は破滅への一歩!ハードディスクの修理業者の選び方を教えます

HOME » HDD障害に関する修理法を検証 » 復元可能なファイル

復元可能なファイル

復元可能なファイルについて、故障の原因とともに説明しています。復元「不可能」なファイルについてもわかります。

ハードディスク内で復元可能なファイルとは?

  • 「ハードディスクを認識してくれない」
  • 「ウィルス感染により、データが消えた」
  • 「記録メディアを誤って初期化してしまった」

これらは、パソコンや携帯電話、デジカメを普段使っている人なら、誰でも一度は経験があることだと思う。
なかには、潔くあきらめて、新製品に買い替える人もいるかもしれないが、ちょっと待ってほしい。

壊れてしまったハードディスク、失われてしまったデータのほとんどは復元することが可能なのだ。

お手持ちのパソコン、ハードディスク、サーバ、そしてUSBメモリやSDカードなどの記録メディアが故障した場合には、あきらめる前に、まずは専門業者に相談することをおすすめしたい。

そもそもなぜ壊れるのか?

ハードディスクが壊れても復元できるファイルとは障害のパターンは大きく2つに分けられる。

1つは論理障害といって、保存されているデータや、OSが管理している管理情報などが不具合を起こしているケース。

そして、もう1つは物理障害といって、記憶媒体を構成する部品自体が電気的または機械的に不具合を起こしているケース。
後者の場合は、電源を入れても動作せず、症状はより深刻と言える。

ちなみに、こうした事態に陥ったとき、まずはメーカーに相談する人も多いのではないだろうか?
しかし、メーカーからは「復元できない」と言われることがほとんどだ。

ここで注意が必要なのだが、「復元できない」の主語はあくまでも「メーカー」である。
言葉を換えれば、メーカーでは復元できないが、データ復旧の専門業者であれば復元は可能なのだ。

故障したときにまず相談すべき相手は、メーカーではなくデータ復旧の専門業者であることを是非覚えておいてもらいたい。

逆に、復元不可能なファイルとは?

電子機器は水に弱いとされるが、実は水没した機器であっても、専門業者であれば修理できることがある。

では逆に、復元“不可能”なファイルはあるのか?

大半のファイルは復元可能なのだが、実は、データが上書きされてしまった場合には復元できない、またはファイルとしては復元できても、元のデータが上書きされてしまっているため使用できないといった事態も起こり得る。

たとえばパソコンの場合、故障した後も無理に使い続ける、あるいは自分で直そうとすると、どんどんデータの上書きがなされてしまう。
そうすると、復元できるはずだったファイルも、復元不可となってしまう。故障した場合は、すぐに使用を止めて、データ復旧の専門業者に修理を依頼すべきである。

 
HOME » HDD障害に関する修理法を検証 » 復元可能なファイル