ハードディスクの修理業者比較サイト

自己流は破滅への一歩!ハードディスクの修理業者の選び方を教えます

HOME » HDD障害に関する修理法を検証 » 「PCが壊れた?」と思ったら

「PCが壊れた?」と思ったら

「うわ!パソコンが動かない!」「壊れた!」どなった場合、どんな対処をすればいいのか…よくある事例を交えて解説していこう。

再起動はしない方がよい?

PCが起動しなかったり、途中でいきなりフリーズしたり…。そういうとき、「とりあえず再起動しとこうか」という行動をとる人がほとんどだと思う。かくいう私もそうであった。
一般的に、「再起動すると、あらゆる情報が初期状態に戻る」と言われ、実際に再起動が功を奏する場合もあるのだが、ハードディスクに何らかの障害がある場合は特におすすめできない。
「正しくない命令」をパソコンに出し続けることは、負担を負わせることになるだけ。何度も再起動を繰り返すことで、データが壊れることもあるというから、まずは復旧のプロに連絡を。

メーカーのサポートセンターは信用できない?

パソコンに異変が起きたとき、まず連絡をするのがパソコンメーカーのサポートセンターであろう。私たちとしては、わらにもすがる思いを抱えての必死の相談なのだが、いきなり出鼻をくじかれるような回答も多い。
「この対応で大丈夫だろうか」とうすうす感じてはいたが、私がお世話になっているデータ復旧業者の担当者から「パソコンメーカーのサポートセンターに、破損の状況が全て伝わっていないケースが多いので、状況に合った対応ができない場合もあります」という言葉で確信することができた。

例えば「再起動をしてください」という指示をもらうことが多いが、先に述べた通り、再起動は万能の策ではない。サポートセンターの担当者が全員、データの復旧も考慮した回答をしているとは考えられないので、データの所在が心配な場合はすぐさま復旧業者に連絡するのが賢明だ。

むやみやたらに触らない

「カチカチ、ガリガリ」といった異音がしたり、煙が出たり…といった症状が現れることもある。そんなときこそ、すぐにデータ復旧業者へ連絡を。
パソコンを開いてみれば、原因が分かりそうな気がするが、それは大きな間違い。PCを分解して基盤をいじろうとしたり、原因を探ったりするのは言語道断、これは肝にしっかりと銘じておきたい。

PCが壊れたら?無料診断の業者に相談>>

 
HOME » HDD障害に関する修理法を検証 » 「PCが壊れた?」と思ったら